読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIUEO Lab2

1年のうち250日は夕飯を作る主夫が、iPhoneや料理、気になったものを紹介するブログです。

このブログがきっかけで夫婦喧嘩した話

blog-145day 厳密に言うと、ブログではなくただ単に自分の態度なんだけど。
自戒をこめて書きます。

ブログを毎日更新するには、裏で色々あるんだよという話。

まえおき

このブログは毎日更新することを日課にしています。

いま継続更新145日。 無理のないように1日1記事更新することにしていますが、それでも毎日書くのってなかなか大変。好きでやってるので苦痛ではないけれど、どんなくだらない内容の記事を書くのにも30分〜3時間くらいかかります。

1日の流れとしては、本業をこなしながら夕方までにネタを選び、夕飯作りや風呂掃除(在宅ワークなので夕飯と風呂掃除は私の担当)をするまでの2時間くらいで記事を仕上げ、夕飯後に誤字脱字・言い回しのチェックをして記事を公開というかんじ。

選んだネタによっては夕飯までに書き終わらなくて、0時ギリギリまでに体裁をととのえてとりあえず公開することも。そんなときは公開後に、日をまたいで誤字脱字などのチェックをするんだけど…

先日はそんな余裕のない1日でした。

その日は、布団のシーツを洗ったり、掃除機をかけたり、風呂掃除をしたり、買出しをしたり…家事全般を私が担当したのでてんてこまい。(いつもは分担してます)ブログの更新は0時ギリギリでした。

こちらから話しかけたのに会話を無理やり制した私

ことの発端は、テレビを観ている時の会話。

0時ギリギリにブログを更新した私は、ソファでテレビを見ながらiPhoneで先ほど公開した記事を読み直していました。はたから見れば、ただテレビを見ながらリラックスしてスマホいじってるようにしか見えないけど、頭の中は「この言い回しは変だな」「あ、ここに句読点打ったほうがいいな」とか真剣に考えている状態。

そんななかで、タレントが面白いことを言ったようで盛り上がりの局面を迎えたテレビ。良い場面を見逃した私は、奥さんに「いまのなんだって?」と話を振りました。

こちらから話しかけたにもかかわらず、頭の中はブログに気を取られていて、手元では修正箇所を編集している最中。奥さんから少し内容を聞くと、とくに面白い話でもなかったようで、編集箇所を忘れたくなかった私は、「もういいや」と強い口調で会話を制しました。

これで奥さんは不機嫌に。

なんで怒っているのかわからなかった私

正直言うと、この時はこちらから話しかけたのかも記憶が定かでないほど、ブログに気を取られていました。

会話の流れも記憶にないので、言い方がマズかったくらいの認識しかない私。2時間程たっても、なんでそこまで怒ってるのかわからなかったので、怒っていて無視されることに逆にストレスがたまり「なんでそんなに怒ってるの?そんなに悪いことしたとは思えないんだけど」

とか言いました。(思い返すとこの発言最低だな。)

奥さんはブログを更新する私を見守っていてくれた

これは怒っている理由を聞いてわかったことなんだけど…

「ブログを毎日書くことにした」と宣言をした日から、奥さんはブログを書いているときは邪魔をしないように気を使ってくれていました。

奥さんからすると、あの日は0時も回っていて記事も書き終わっていたし、テレビを見ながらiPhoneをいじっていたので、もう話しかけても良い時間だと思って当然なわけです。

話しかけないように我慢していたところに、私から話をふったので、話しかけても良いんだと思った。そこに、強い言い方で話を切られたわけです。

そりゃ嫌な気持ちになりますよね。

その夜は冷静になれず謝れなかったので、翌朝手紙を書いた

寝る前に何が原因で怒っているのかはわかりましたが、うまく気持ちを伝えられなかったので、翌朝先に起きて手紙を書きました。それがコレ。

 昨日はすみませんでした。
怒っている理由を聞いたとき、「そんなに悪いことをしたとは思えない」と発言しました。
 ことの発端になった、「もういいや」と強い口調で発言を制した時、昨日も言ったようにブログ記事の修正に気を取られていました。最近二つのことが同時にできなくなってきたと言っていますが、昨夜も「会話しながら、ブログの修正をする」なんて本当はできないことをしていました。
正直なことを言うと、あの時こっちから会話をふったことすら記憶があいまいです。会話の流れもあいまいだったから、あくまで自分は悪いことをしたという認識がそこまでありませんでした。だから、「そんな悪いことをしたとは…」というのは、謝りたくなくて出た発言です。
 どういう心境だったのかを振り返ってみると、「俺はこんなに色々家事をやってるのに、なんで自分の好きなことも自由にできないんだ」と今日の行動を引き合いに出し、「俺は悪くない!」という言葉を裏に隠しての発言でした。
 「ブログを毎日書く」という自分本位な行動を認め、いつもあえて声をかけないでいてくれることも分かっているのに、到底言ってはいけないいけないことを言いました。
あの時の言い方も、それに対しての態度も悪かったです。ごめんなさい。

これからは、夕飯のあとはブログについてあれこれ考えたり、パソコンやiPhoneに向き合う時間を極力減らすようにして、ふたりの時間を大切にしたいと思います。
本当にごめんなさい。

「言葉にだすとうまく伝えられないから、手紙に書いた」といって朝渡しました。

急いで書いたから変に敬語使ったりしてますね。いくらブログに気を取られていたからといって、あの態度はダメでした。反省。

手紙を渡して謝ったことで、ギクシャクした空気は改善しました。

これからも、夫婦の関係を大切にしながら、ブログを継続していこうと思います。