AIUEO Lab2

1年のうち250日は夕飯を作る主夫が、iPhoneや料理、気になったものを紹介するブログです。

iPhoneだけで写真にウォーターマーク(透かし)を入れる方法

久しぶりにこのブログを更新する気になり、iPhoneだけで書ける環境を改めて整えてみようと思い立ちました。

ブログを更新するにあたって、文章を書くのはiPhoneやiPadだけで何も問題ありません。それは以前私のやり方をまとめています。

akiueo.hatenablog.com

ただひとつだけのネックが、以前やっていなかった「画像の透かし(ウォーターマーク)」をいれる処理。

iPhoneで撮った写真を使うとして、ブログに載せるなら最低限ウォーターマークを入れたいんですよね。

ウォーターマークとは転載防止になる個人の印

f:id:akiueos:20170606125257j:plain

例えば上の写真は1つ前の記事で使ったもの。画像の右下にある「©AIUEOLab2」という透かしがウォーターマークです。

ウォーターマークはブログに使った写真が自分が撮ったものである証明になるのとともに、転載されないように防止する役目も果たします。

上のウォーターマークは、Macの「Lightroom」というアプリを使って入れました。MacやWindowsPCなら画像ソフトでウォーターマークは簡単に入れられます。

この作業をiPhoneだけでしたい場合、どうしようと悩んでいました。

画像の透かし(ウォーターマーク)をiPhoneだけで入れるには

検索して色々試してみた結果、簡単で良いのはブロガーの “ごりゅごさん” が紹介していたWorkflowを使った方法でした。

iPhoneだけで写真に透かし(ウォーターマーク)を入れる方法 | ごりゅご.com

最初の設定こそ一手間必要ですが、一回設定すればアプリを開くこともなく写真を見ながらワンタッチでウォーターマークを入れることができるようになります。ほんと簡単。

使う前にやることは、2つだけ。

まずは透かしの画像をiCloudのWorkflowフォルダに用意しておきます。※透かし画像をiPhoneだけで作る方法は下に。

あとは、アプリ「Workflow」に下記のごりゅごさんが作ったワークフロー(下記リンクのものは純正より透かしのサイズを少し小さめに調整してあります)を登録したら準備完了です。

アプリをダウンロードしたあとに、下記のリンクをタップすると登録できます。

Watermark to Photos

iPhoneだけで透かし画像を作る方法

  1. 下の透過png(背景が透明の画像)画像を保存する。リンクの先に飛んでも何も表示されていないように見えますが、透明の画像だからです。保存してください。

透過png(500×100px)はコチラ

  1. 無料アプリ「Phonto」で透過pngの上に好きな文字を入れて、PNGで保存する

Phonto 写真文字入れ

Phonto 写真文字入れ

  • youthhr
  • 写真/ビデオ
  • 無料

  1. 保存したPNG画像の名前を「Watermark.png」にして、iCloudのWorkFlowフォルダに保存する。これで事前の準備は完了です。

実際にWorkflowでウォーターマークを入れてみる

  1. ウォーターマークを入れたい写真を選びます

  2. 共有メニューから、「Run Workflow」を選択して、「Watermark to Photos」をタップ。

  1. 自動でウォーターマークを入れるWorkFlowが動きます。通知が出たら「Done」を押せば、完成した画像が写真アプリに追加されます。

あとがき

上の写真、右下にウォーターマークが入っています。

設定さえしていれば、1枚5秒もかからずにウォーターマークを入れることができます。

ブログの画像に透かしを入れたい人にはオススメです。