読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIUEO Lab2

1年のうち250日は夕飯を作る主夫が、iPhoneや料理、気になったものを紹介するブログです。

【iOS9では使用不可になりました】iTunesは使わない!LINEアプリだけをトーク履歴も含めて新しいiPhoneに移行できる無料ソフト「CopyTrans Apps」

iphone_line_app_move

※追記(2016年5月):iOS9以降では仕様が変わり、この方法が使えなくなりました。

iPhone6 Plusをやっと手にいれました。といっても、機種変更したわけじゃなく、このiPhone6 Plusは会社携帯。

プライベートの携帯はiPhone5sのまま。使い分けをどうしようか考え中です。 なかでも一番のネックがLINEアプリ。

すでに新しいiPhone6 Plusにはアドレス帳だったり新しいアプリを入れてしまったので、LINEのためだけに、いまさらiPhone5sのデータをまるまる復元するのは面倒。しかも、新しいiPhone6 Plusは16GB、iPhone5sは64GBなので容量的にもムリです。

スポンサーリンク

LINEは複数の端末で同一アカウントを同時に使えない

LINEは複数の端末で同じアカウントを使えない仕組みになっています。プライベートのiPhone5sと会社携帯のiPhone6で同一アカウントを使うことはできません。

同一アカウントが同時に使えるバグもある

iTunesで暗号化してバックアップしたデータから、別のiPhoneで復元すれば同一のアカウントを同時につかえることがあります。これはおそらくバグなので誰でも再現できるわけではありません。

もともと暗号化したバックアップから復元を行うと、トーク履歴ごとLINEのデータを別のiPhoneに移せます。

LINEのトーク履歴移行してみたの巻!!!複数端末で同じアカウントを共有に成功?! - The Gadget Mission

私はiPhone4sから5sにLINEのデータを引き継いだ時に同じ現象がおこりました。本来はできないはずなのに、2つのiPhoneで同じLINEのアカウントを使うことができたんです。

でも、一方のiPhoneでやりとりしたLINEのトーク内容がもう一方のiPhoneに反映されないといったバグがありました。結局、2つのiPhoneに同一アカウントをいれることは可能だけど、使い勝手は悪いです。

素直にひとつのアカウントはひとつの端末で使いましょう。

iTunesを使わずにLINEのデータだけをiPhone6に移動

それでは本題、iTunesでの「バックアップからの復元」を使わずに、LINEだけをiPhone間で移動します。トークの履歴や友だちもそのまま移行できます。

追記:LINEのバージョン4.7.2以降ではトーク履歴の引き継ぎはできなくなりました。

使うソフトは「CopyTrans Apps」

141028-0001

iPhoneの好きなアプリをデータごとバックアップ・リストア

上のURLから「CopyTrans Apps」をダウンロードしてください。無料で使えます。

この作業はWindowsを使います。MacしかないときはVMware Fusionなどの仮想OSとしてWindowsを動かせるアプリを使うか、ブートキャンプでWindowsを動かしましょう。

この説明では、MacでVMware Fusionを使用しWindowsを使っています。

移動前の準備

LINEのアプリを機種変更などでデータを移す際には、メールアドレスの登録かFacebookとの連携をさせる必要があります。

下記の公式ページに事前準備の方法が書いてありますので、下の方法を行う前にチェックしておいてください。

事前準備をしないと、データは引き継げません。

まずは移動元のiPhoneをつなぐ

141025-0001

移動元のiPhone(私の場合はiPhone5s)をつなげて、LINEを選択します。

141025-0002

選んだアプリの情報が右側に出たら、「アプリをバックアップ」をクリック。

141025-0003

保存場所を選ぶウィンドウが出るので、てきとうな場所に保存してください。私は分かりやすいようにデスクトップを選択しました。

141025-0004

数分でバックアップは終わります。

141025-0005

バックアップが完了すると、上のような表示が出ます。それまで触らないこと。

141025-0006

今度は移行先の新しいiPhoneをつなぎます。私の場合はiPhone6 Plusをつなぎました。「アプリをインストール」をクリック。

141025-0007

先ほど保存したLINEのバックアップデータを選んで、「開く」をクリック。バージョンによって数字は変わりますが、今なら「LINE4.7.2.ipa」になるはずです。

141025-0008

スクリーンショット 2014-11-08 12.47.34

LINEだと上のように表示されるけど、そのまま進めて大丈夫。見つからないファイルというのはログイン情報です。

インストールにかかるのも、たったの数分。完了したら、新しいiPhoneにLINEアプリが入っているはずです。

新しいiPhoneのLINEにログインすると、古いLINEは使えなくなる

line_new_old

データを移したあとは、新しいLINEでログイン作業が必要です。

「本人確認する」からログインしてください。

事前準備で登録したメールアドレスと、パスワードを入力してログインすれば元のデータがまるまる使えるようになります。トーク履歴はもちろん、スタンプも、やりとりした写真もすべて復元できました。

あとがき

PA280398

この方法、LINEのバックアップとしても使えます。好きなときに、好きなiPhoneにLINEを移動できるのでとっても便利。

もう、いちいちiTunesを使ってバックアップから復元する必要はありません。

お気づきの方もいるとは思いますが、別にLINEのアプリじゃなくても同じ方法で移動できます。試しにパズドラを移してみると、すべてのデータが完璧にうつせました。

簡単なので困っていた方は試してみてください!