読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIUEO Lab2

1年のうち250日は夕飯を作る主夫が、iPhoneや料理、気になったものを紹介するブログです。

さらにモブログがしやすくなったiPhone 6s

iphone 6s

私はブログの記事をiPhoneだけで書くことが多いです。どこでも書けるのはもちろん、音声入力だったり、文章内に画像を挿入するのが簡単にできたり、スマホだけでブログは更新できます。

そんなスマホだけでブログを書く「モブログ」。iPhone 6sに機種変更をしたことで、記事を書くのがさらに早く、ラクになりました。

1世代前のiPhone6とサイズや外観に変化はほぼないので、最初のうちは新しいiPhoneを買ったってそんなに変わらないだろうと思っていましたが、使っているうちに変化に驚くことに!

1番便利なのは3D Touch

iphone 6s

3D Touch(感圧センサー)はおそらく新しいiPhone6sの最大の変化でしょう。今までのiPhoneとは違い、指が画面を押し込む強さを判別して様々な操作ができるようになりました。

ホーム画面だけに限ると、この機能を使ったアプリはまだApple純正のアプリしかありません。今後サードパーティーのアプリでも対応したものが出てくるはず。

アプリはまだ少数しか対応していないものの、私が1番便利だと感じているのはアプリ関係なしに使える「画面の左端を押し込むとマルチタスク画面に切り替わる」という機能です。

iphone 6s

文章書きながら何か調べたい時は画面の左端を押し込むことで、直前に開いていたブラウザの内容をサッと確認したりできます。アプリの切り替えでもうホームボタンを2回クリックする必要はありません

以前からアプリ間でさっと移動できる機能をもったものはありました。でも、やっぱり純正で対応してくれるとスピードが違います。

サッとアプリを切り替えられると、文章を組み立てている際に思考を遮られることなく集中して書くことができます。

iPhone 6s - 3D Touch - Apple(日本)

カーソルの移動

iphone 6s

メモ帳やLINEで文字を入力中に、キーボード部分を強く押すことでカーソルを自由に動かせるようになりました。まるでトラックパッドみたい。

今までは動かしたい文字の部分を直接指で選択する必要があったので、なかなか一発で選択することができませんでした。iPhone 6sではこのイライラが解消!

この機能はiPhoneをずっと使っているなら、待ち望んでいた人も多いはず。

文章を書くときにこの機能があるだけでだいぶイライラしなくなります。

あとがき

上にあげた他にも、メモリが2GBになりA9のCPUで動作が早くなったことや、カメラの画質がさらに向上して動画も4K対応で綺麗になった事など、もろもろの性能アップももちろんプラス要素。

見た目には変化がないけど、1世代前とはかなりの違いを感じるiPhone。

ちなみに、この記事も写真編集から文章の入力まですべてiPhoneだけで書いています。 iPhone 6sはスマホでブログを書きたい人にとって最高の端末です。

iPhone 6s - Apple(日本)

3D Touchはガラスフィルムを貼っても問題なく使えます。左サイドを押しこむ時に指の引っかかりが気になりそうなので、私は今回全面をフルガードするガラスフィルムを買いました。

3D 曲面ガラス:iPhone 6s/6 4.7

3D 曲面ガラス:iPhone 6s/6 4.7" PRO GUARD 3D CRYSTAL GLASS (Black frame)