読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIUEO Lab2

1年のうち250日は夕飯を作る主夫が、iPhoneや料理、気になったものを紹介するブログです。

1,000円では入札するな!LINE MALLチャンスプライスに当選するために、人が選びにくい数字を考えてみる

Webサービス ライフハック

0410.png

LINEのスマートフォンECサービス「LINE MALL

ユーザーが買いたい値段を自由に決めて参加する買い物企画「チャンスプライス」が始まってもうすぐ1ヶ月がたとうとしています。

1日1商品が出品されているので、4月10日の現在までに22人のラッキーな人がいるわけです!

チャンスプライスとは

e4c9f47f-s

ユーザーは買いたい値段を自由に決めてエントリーし*2、他のユーザーとエントリー金額が重複せず、最も安い価格でエントリーしたユーザーが当該商品の購入権を得ることができます。*3

出典: 【LINE MALL】ユーザーが買いたい値段を自由に決めてエントリー、誰とも被らず最も安い値段をつけた人が豪華商品を購入できる「チャンスプライス」が登場

*2:ユーザーにお得な料金で購入いただくために、各商品に実勢価格を下回るエントリー可能上限金額を設定しています。
*3:単独エントリーがなかった場合、最もエントリー件数が少なかった金額を最も早く申し込んだユーザーに購入権が付与されます。

今までの当選金額は下記。

出品日 品名 落札価格 最多入札価格 参加人数
3/19 iPad Air 470円 1円 49,216人
3/20 LOUIS VUITTON 旅行用バッグ 1,055円 1,000円 56,678人
3/21 Nikon デジタル一眼レフカメラ 1,198円 1,000円 62,271人
3/22 RIMOWA スーツケース 1,605円 1,000円 56,119人
3/23 Cartier レディス腕時計 187円 1,000円 67,917人
3/24 SONY 4K対応液晶テレビ 1,945円 1,000円 79,396人
3/25 ルンバ 880 ロボット掃除機 2,090円 880円 77,369人
3/26 CHANEL 新作財布 2,252円 1,000円 94,742人
3/27 Canon ミラーレスカメラ 2,592円 1,000円 87,515人
3/28 Dyson コードレスクリーナー 2,920円 1,000円 93,152人
3/29 Panasonic ブルーレイレコーダー 640円 1,000円 86,260人
3/30 ル・クルーゼ お鍋 2点セット 1,484円 1,000円 82,665人
3/31 SONY Cyber-shot 1,767円 329円 82,286人
4/1 TAGHeuer メンズ腕時計 3,037円 1,000円 89,552人
4/2 ハワイ・ペア5日間の旅 788円 1円 113,951人
4/3 バリ島・ペア5日間の旅 1,995円 1円 101,696人
4/4 MacBook Air 2,932円 1,000円 116,287人
4/5 CELINE トートバッグ 3,297円 1,000円 105,546人
4/6 Bianchi クロスバイク 2,290円 945円 100,671人
4/7 バカラ デカンタ&ワイングラス 3,136円 1,134円 83,618人
4/8 Dyson フロアーファン 3,400円 543円 106,348人
4/9 SONY 4Kビデオカメラ 4,048円 2,093円 107,942人

LINE MALLは3月6日から19日までの2週間で、100万件を超える新規ダウンロードがあったそうです。現在は少なくとも3倍の300万人はダウンロードしているんじゃないでしょうか。

それでも、1番入札が多い日でもまだ12万人弱。

まだまだ登録人数が少ない今がチャンス!
では、今回の本題「当選しやすい数字はなんなのか」を考えていきます。

当選金額を予想するには

カルティエの時計を187円で買う!~LINE MALLチャンスプライスの価格予測からビッグデータ方面を眺める【連載:えふしん】 - エンジニアtypeカルティエの時計を187円で買う!~LINE MALLチャンスプライスの価格予測からビッグデータ方面を眺める【連載:えふしん】 - エンジニアtype

当選金額を分析・予想するのは上記の記事でえふしんさんが書いているので、ここでは単純に「人が選びにくい数字」を考えてみたいと思います。

「分析とか難しいことはいいよ!結局いくらで入札したら当たりやすいの?」というひとは、とりあえず人が選びにくい数字を知っておけばいいんです。

人が選びにくい数字を探る

上の当選金額の表を見てまず目につくのは、「1,000円」での入札の多さ。
このことから、十中八九「1円」「1,000円」の入札では当選できません。
みんなキリの良い数字は選びやすいみたいですね。

あと、おもしろいのが3月31日のSONY Cyber-shot「329円」 と4月6日のBianchi クロスバイク「945円」、4月7日のバカラ デカンタ&ワイングラス「1,134円」

これは、それぞれ定価32,981円定価94,500円定価113,400円の商品です。定価の上3ケタ、もしくは4ケタで入札する人が250人以上もいました。4月9日のSONY4Kビデオカメラ、4月8日Dyson フロアーファンも同じです(Dysonは下3ケタ)。

似た傾向が見られるのが、3月25日のルンバ 880 ロボット掃除機「880円」
見たらわかるように、商品名に入っている「880」という数字で入札する人が多かったんですね。

このことから、人は関連付けた数字を選びやすいのがわかります。

まだ22回しか行われていないのに、人が選びやすい数字の傾向がチラホラ見えてきています。今後この企画が続いていけば、もっと傾向が見えるでしょう。少なくともその傾向に被らない数字が当たる数字です。

ところで、当選した人は本当にいるのか?

現時点で「チャンスプライス 当選」や「LINE MALL 当選」などで検索してもTwitter上で当選を喜ぶ声は見当たりません。まぁ自分が当選したのを人に知られたくないのかもしれませんが、これから当選者が表に出てくることもあるでしょう。

あなたが時の人になりたいならば、当選したら是非つぶやいてみてください。