読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIUEO Lab2

1年のうち250日は夕飯を作る主夫が、iPhoneや料理、気になったものを紹介するブログです。

複数のMacでiCloudを使ってデータの同期ができる - iClouDrive

iClouDrive

Macを複数所有している方はMac間のファイル共有はどうやっていますか?メール?USB?クラウドストレージ?

私は以前クラウドストレージサービスのDropboxを使っていました。でもDropboxやSugarSyncなどのクラウドストレージをMac間の同期目的だけに使うと、容量を圧迫してしまいます。家族との写真共有や仕事のファイルやり取りをするための容量がなくなって困っていました。そんな時知ったのが「iClouDrive」。

Mac間だけでデータの共有をしたいのなら、iClouDriveが便利です。

iClouDrive

iClouDriveは、同じiCloudアカウントを使用しているMac間でファイル同期をしてくれるアプリです。

iClouDrive - Zibity

使い方

まずは[システム環境設定] > [iCloud] > [書類とデータ]にチェックをいれて、iCloudでデータのやり取りができるようにしておきます。

140606-0004

アプリを解凍して、起動すると下記の画面が出るので、「I Accept」 > 「Continue」 > 「Enable iClouDrive」 > 「OK」と押して設定完了です。

140606-0003

設定が終われば、Finderのホームフォルダの中に「iClouDrive」というフォルダができています。そのフォルダに入れたデータは、同一iCloud間で共有されます。

あとがき

上に使った画像を見てもらうとわかりますが、iCloudには無料だと5GBの制限があります。iCloudにいろいろ同期している人はそんなに大容量のデータはやり取りできないかもしれません。

iClouDriveの使用状況は、[システム環境設定] > [iCloud] >[管理]から確認できます。