読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIUEO Lab2

1年のうち250日は夕飯を作る主夫が、iPhoneや料理、気になったものを紹介するブログです。

開きすぎたタブをいったんまとめてくれるChrome拡張機能 - One Tab

Mac

140712-0001

私はウェブをみているときついついタブをたくさん開いてしまう癖があります。

「あ、これはあとでブログネタの参考になるな」「お、これは仕事の役に立つぞ!」「え、こんな猫背解消方法が?!」とどんどん増えていくタブ。

140712-0002

いつもこんな感じ。こうなると、ブラウザがメモリを食い過ぎてパソコン自体の動きがモッサリしてきます。

このままブログを書こうなんて思ってエディタを開いたり、画像加工するために別のアプリを立ち上げようものなら、どんどんパソコンは動きが遅くなり、イライライライラ…という状態になります。

でも、ブラウザは調べ物をするために開いておきたいし、開いているタブは閉じたくない!そんなとき使えるのが「One Tab」です。

OneTab - Chrome Web Store

開いてあるタブをまとめてくれる「One Tab」

140712-0003

Chromeの拡張機能「One Tab」を使うと、開いているタブをすべて閉じて1つのタブにまとめてくれます。最初に紹介したたくさん開いた状態のタブをこの機能でまとめたのが、上の画像。「One tab」というタブに開いていたタブのリンクが並んでいます。

タブはいったん閉じたのと同じ状態なので、メモリも開放されてパソコンの動きはサクサクに。まとめたタブはリンクをクリックすれば開けるし、全てのタブを復元することもできます。この拡張機能のメリットはそれだけではありません。

このタブをグループ化したページは編集が可能。不要なタブを削除することも、追加することもできます。タブグループは名前を編集することも、間違えて消してしまわないようにロックをかけることもできます。

あとがき

ついついタブを開きすぎてしまう方には便利な拡張機能「One Tab」。 メモリの開放にも使えますが、いったんタブをまとめておいて、あとで整理したい時に使えます。

OneTab - Chrome Web Store